羽入の家リノベーション 床の断熱材を施工しました

こんにちは。シオンの大山です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は羽入の家の床断熱の紹介をします。


床の下地組みです。リフォームで間取り変更しているので、床の高さが右と左で違います。
低い方は下地が砂利なので、防湿フィルムと調湿材を入れて湿気対策をしています。


じゃ~ん!
断熱材を入れたところです。
ふかふかで暖かそう!このまま寝ころがりたい!笑


断面はこんなふうになっています。
下地の大引きという木材が10センチ、その間に断熱材がぎっしり入っており、
その下にも5センチ分マット状の断熱材が入っています。
マットを支えるカラクリがミソです!
木材を支える専用の金物を使っています。

施工中を見ているだけでも暖かそうですね!
完成が楽しみ!

今回も最後までブログをご覧いただきありがとうございました!
次回もお楽しみに!